Jason Cody Douglass is a Ph.D. Candidate in Yale University's combined program in Film and Media Studies and East Asian Languages and Literatures, as well as the graduate certificate program in Women’s, Gender, and Sexuality Studies. His research focuses on animation, film and media theory, and East Asian cinemas. His dissertation brings questions of gender, race, class, and spectatorship to bear on the history of animation in Japan. He is currently a Visiting Research Fellow at Waseda University’s Graduate School of International Culture and Communication Studies.

He can be contacted at jason.douglass@yale.edu


ジェーソン・コーディ・ダグラス

イェール大学映画・メディア学部及び東アジア言語・文学部博士課程在籍、博士論文提出資格者(Ph.D. Candidate)。

イェール大学映画・メディア学部及び東アジア言語・文学部修士修了。イェール大学院女性・ジェンダー・セクシュアリティプログラム及び高等教育教授法プログラム修了。アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター(IUC)10ヶ月上級日本語プログラム修了。日本語能力試験1級取得。

研究テーマは東アジアのアニメーションに関する理論及び歴史。博士論文は、四つの視点(階級、ジェンダー、児童観客、人種)から、1930年代後半から1960年代前半にかけての日本で製作された動画、漫画映画、人形映画、影絵映画、実験映画を中心に執筆中。現在、リサーチフェローとして、早稲田大学国際コミュニケーション研究科において研究を行っている。

連絡先:jason.douglass@yale.edu